ストリートダンスとエンタメ文化をつなげる―。
東京に革命的な発展を巻き起こした〝伝説〟が関西にて開催!

今まで裏方的に考えられてきた振付師(コレオグラファー) の才能への着目。史上初となる数々の斬新な仕組みにより、東京にストリートダンスとエンタメ文化とのつながり 、 仕事の広がり に爆発的な発展をもたらせてきた『Legend Tokyo 』 。本大会が主要コンセプトそのままに 新生大会『Legend UNIVERSE』 として関西のダンスシーンにさらなる進化を巻きおこす!


ダンスシーンに必要だったもの。新しい評価が未来への新たな扉を開ける!

ダンスには〝踊りの技術〟 と共に、〝作品創り 〟 や〝大人数指導〟 など多様な才能がある。しかし、かつて作品創作力や指導力などの才能を公に評価する環境がなかった。そこ で それらの才能にフォーカスした新たなる大会― それが 2011 年より始まった本大会 だ! また、 それらの才能はエンタ メ・ 芸術文化の仕事では非常に高く必要とされており 、 その才能を公に評価する環境の実現がダンスの新しい可能性の扉を開く!

振付力はもちろん、舞台の空間演出、照明の使い方、群舞統率力など、さまざまな才能が本大会では評価される!


作品として評価し 世間につなぐことでダンスの活躍の場はさらに広がる

エンタ メ・ 芸術文化には必ず「作品」という考え方がある。そこで世界初、ストリートダンスを作品として競う環境を実現させたのが本大会。この考え方により、東京では、今まで埋もれていた数多くの才能がエンタメ界で活躍するチャンスが実現され、作品表現テクニックも急速な発展をみせた。そしてダンスコンテストが盛んな大阪だからこそ、間違いなく本大会はさらなる爆発的な成長をエンタメ業界に示すこととなるだろう!

「作品」 として競う環境の実現により、自身の〝代表作〟 を創り、世間に広めることもできる!


既存の真似ではなく、オリジナル表現が評価される最高峰の戦い!

数々の世界大会がしめすとおり 、 日本人の作品クリエイティブ力は世界最高峰の実力をもっている。そして、 その頂点を競うからこそ、本大会は西洋の真似ではなく 、〝自分ならではのオリジナル表現〟 が最も高く評価される大会となっている。優勝を決める評価基準はただ 1 つ、「観る者誰もを楽しませる作品かどうか? 」 。 だからこそ本大会優勝と は〝最も観客を楽しませる振付師の証明〟 であり、幅広い業界から注目される!

最高峰の勝負作品と競う! この経験は振付師本人のみならず参加ダンサーすべてに新しい刺激を与えてくれる!


審査員はエンタメ・ 芸術文化を広げる力をもったキーパーソンたち!

関西のダンスがもつ高い才能を、もっとエンタ メ 文化に幅広くつなげたい! だから本大会ではエンタメ、アート、 舞台 ……など各業界を代表する企業のキーパーソンたちが審査員をつとめる。また、 優勝を決める「誰もが楽しめる作品」 とは別視点で、審査員それぞれが各分野にあった可能性を見極める独自賞を設定。 それにより「 何か 1 つ突き抜けた才能があれば、誰かが認めてくれる!何かが広がる! 」 そんな環境も実現している!

自身の才能をエンタメ業界へオフィシャルにプレゼンすることで、 本大会から新たなる仕事のチャンスに直結!


コネクションではなく〝実力〟でチャンスを切り拓ける未来を!

つなげる環境がないと、ダンスもエンタメもどうしても〝コネクション〟 のみで仕事が回ってしまう。 だからこそ「 評価してつなげる公な環境」の実現が、新たな刺激や発見をもたらしシーンの活性化につなげがる! 本大会では、 振付師は 2 回の予選によって新たなる才能を選出。また、作品出演ダンサーも全作品で公募オーディションを開催。まさに振付師/出演者、双方ともに実力で誰もがチャンスを切り拓ける環境を実現する!

最も審査結果がオープンな環境を! 本大会優勝は得票集計のみで決定され、すべての審査結果・受賞理由が公開される!


公式予選・提携大会が各都市で開催!

東日本提携イベント

cs3_logo

2020年11月9日(土)
平和島・HY TOWN HALL

詳しくはこちら

西日本予選大会

lr_logo

2020年2月24日(月・祝)
芦屋・ルナホール

詳しくはこちら

中日本提携大会

mwt_logo

2020年3月8日(日)
東海市芸術劇場・大ホール

※上記大会・イベントに加えて、『コレ×ステ vol.4』を2020年2月29日(土)に開催する予定です