賞金総額150万円! 『Legend Tokyo』が贈る新世紀の映像作品コンテスト始動!

戦いの場は、2020年、新たなる世界へ。

日本のコレオグラファー(振付家)が持つ才能に着目し、ステージ・エンタメ作品という活躍の場からダンスシーンのビジネスモデルを一気に塗り替えた『Legend Tokyo』。

まさに激動の時代となってしまった2020年、Legend Creative Projectでは、今こそさらなる夢を未来へつなぐために、かつてから思索していた日本のダンス界が秘める才能、そして可能性をさらに広げる活躍フィールドの提唱を始動します!

それは、コレオグラファーが映像作品によってその才能を知らしめ、名声を得ることができ、切磋琢磨して進化していく新世界!

今や日本コレオグラファーが創るステージ・エンタメ作品は世界的に輝かしい結果を出してきました。ならば、その戦いのフィールドを「映像」としても、世界トップレベルの戦いとなるはず!

ダンスは今、その広がりの原点に挑む!

そもそもダンス文化は映画/ミュージック・ビデオなどの「映像」により広がった歴史があり、昨今のYouTubeにおける各コレオグラファーの活躍からみても、「映像作品」はリアルステージをはるかに越えた広がりを生む力を秘めています

Legend Creative Projectでも、今まで『Legend UNIVERSE』における事前インタビュー動画、大会生配信、そして『FINAL LEGEND』におけるコレオグラファーのYouTuber化などさまざまなオンラインを使った施策を試みてきました。

そこで2020年、『Legend Tokyo』が開催場所の制限をうけない新世紀のオンライン映像コンテストとして復活!

ダンス映像作品に新たなる伝説の史記を刻み続ける新大会『Legend Tokyo CHORONICLE(以下略:#クロニクル)』として表現者たちに新たなる作品発表の場をお届けします!

賞金総額は150万円!表現者たちよ、今こそ立ち上がれ!

本大会はまったく異なる2部門で開催されます!

①.「横」動画を〝作品力〟で魅せる!

★5分映像作品部門

優勝賞金:最大100万円!

②.「縦」動画で新時代の才能勝負!

★30秒クリエイター部門

優勝賞金:最大50万円!

両部門の覇者となれば賞金総額はなんと150万円!

★両部門ともソロ参加も可能!

★他分野クリエイターとチームを組んでの参加も可能!

アイディア次第では、ダンスを愛する誰もが「レジェンド優勝!!」の栄光に輝けるチャンスを持っています!

現在、大会出展映像作品の募集中!

エントリー時に映像作品がなくても大丈夫。まずはエントリーしていただき、期日までに映像作品データを提出していただく流れになります。

詳細はぜひ大会HPにてチェックしてみてください!

▼詳細&大会エントリーはこちらから

https://legend-tokyo.com/

単なる映像作品コンペティションではない!?

戦いのステージを、シアターではなく、WEB×SNSと置き換えることにより、「#クロニクル」では今までトライしてきた要素をさらに進化!

まさにダンス界前代未聞となるオンライン大会構造に挑みます!

■多角的なPRでWeb番組的な展開!

その特徴の1つが「Rush」と称するブロック選考大会。

2つの部門それぞれのRushでは大会WEBサイトを軸に多様なSNSを駆使して、挑戦者や出展作品を積極的にPRした選出バトルを展開!

ライブ配信も行なって挑戦者や出展作品を広めまるでオンラインを駆使した「番組」のようなかたちで大会は進みます

■本選進出のチャンスは3回!

まずは各部門で開催されるRushに挑戦!

3つ選考ブロックのうち、どれか1つでも通過すれば本選ファイナリストに!

エントリー〆切

●5分動画作品部門

Aブロック……9/2(水)

Bブロック……10/7(水)

Cブロック……11/11(水)

●30秒クリエイター部門

Aブロック……8/26(水)

Bブロック……9/23(水)

Cブロック……10/21(水)

※「30秒クリエイター部門」のみSemi-Final(準本選)を経て本選となります。

■映像作品でお仕事につなげる!

大会の審査基準は「観る者誰をも楽しませる」かどうか!?

そして、本選審査員は『Legend Tokyo』と同じく、MV、TVCMなど実際の映像振付のお仕事に対してキャスティング権限をもつエンタメ・芸術文化各界のVIPたちがつとめます!

彼らに渾身の作品を観ていただくことにより、さらなる未来を拓くチャンスにもつながります!

もちろん大会オフィシャルとして様々な才能をピックアップする賞もあります!

さらに!

ファイナリスト作品は大会HPにプロフィール入りで「クロニクル(史記録)」として刻まれるため、自身のPRとして大会終了後も多くの業界関係者の目に触れることになります!

ほかにも……

「オリジナル&著作権フリー音源を使った作品の優遇制度」、

「アイディアがあるが、映像制作ができない方への映像クリエイター紹介制度」、

など、さまざまな新時代を創るための仕組が盛りだくさん!

参戦は過去の発表済みの作品でもOKです!

▼詳細は大会公式HPをチェック!

https://legend-tokyo.com/

新しい時代のダンスシーンを創る!

もちろん、Legend Creative Projectでは引き続き時代の流れを見定め、「新しい生活様式」時代に促したかたちでリアルステージ・イベントである『Legend UNIVERSE』/『FINAL LEGEND』も復活していくことをお約束します!

しかし! 本大会は、将来的に今までどおりのライブステージが実現した際に2倍いや10倍のさらなるダンスシーンの大きな盛りあがりに貢献できると確信しております!

ぜひ今こそ、ダンスで時代を変える! 新しいダンスムーブメントをつくる!

『Legend Tokyo CHORONICLE』にご注目ご期待ください!

2020年7月15日

『Legend Creative Project』主宰

工藤 光昭

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!